サプリメント・健康食品としてのメディカルハーブを検証する

ハーブの種類と効能
高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)

HOME > メディカルハーブについて > メディカルハーブ004

メディカルハーブについて004

メディカルハーブとの違いは?
メディカルハーブとメディカルアロマはどちらも植物の力を利用している治療法。では、この2つの違いはどこにあるのでしょうか。
メディカルハーブとメディカルアロマの違い
「ハーブ」という言葉自体は、ラテン語の"Herba"に由来しています。ハーブというと主に調味料のことを思い浮かべる方が多いと思いますが、辞書的に定義づけすると「植物の中で、薬効がある成分を含んでいる草や、料理用の香味用植物の総称」だそう。用途としては、ハーブティーとして香りを楽しんだり、スパイスとして利用したり、最近では精油としてアロマテラピーにも使われていることがあります。では、精油はハーブの1種なのか、というとそういうわけでもありません。
メディカルアロマは精油を使い、メディカルハーブは薬効のあるハーブを使用します。当たり前といえば当たり前ですが、そこが2つの大きな違いです。例えば、メディカルアロマにもメディカルハーブにも利用されている、ラベンダーという植物。メディカルハーブでは、ハーブティーとして楽しんだり、湯やアルコールで成分を抽出して経口摂取します。しかしメディカルアロマで精油として使用する場合は、基本的に飲んだり食べたりしてはいけません。これは、精油とハーブの濃度の違いによるものです。
ハーブティーなどではお湯で希釈されているのに対し、精油は1滴に、およそ1抱え分のラベンダーが濃縮されています。そのため、精油として使用する場合は、鼻から嗅いで摂取するか、薄めて肌に塗布するなどの方法をとらなければなりません。
メディカルハーブとは
メディカルハーブとは、病気の治療や、健康の増進などの医療的な機能を持つハーブのこと。医療効果のあるメディカルハーブは効果が強いので、「日本メディカルハーブ協会」が認定する資格を取得しなければなりません。
まず、第1関門であるメディカルハーブ検定に合格すること。そして協会に入会し、研修会に参加することで、「ハーバルセラピスト」「メディカルハーブコーディネーター」の受験資格が与えられます。「ハーバルセラピスト」の資格を持っている方には、「ハーバルプラクティショナー」「ホリスティックハーバルプラクティショナー」の受験資格が与えられる、という仕組み。なんだか複雑ですね。

全く新しいコンセプト-マイハーブプログラム-

マイハーブプログラムは今までにない、全く新しいコンセプトの下、開発されたメディカルハーブサプリメントブランドです。

ベースハーブと機能性ハーブ

マイハーブプログラムのコンセプトは、ベースハーブと機能性ハーブに分かれており、身体機能を本来のものに戻したり、ボトムアップを図る、ベースハーブと、気になるところを重点的に改善していく機能性ハーブに分かれています。

メディカルハーブへのこだわり-超自然農法-

メディカルハーブへのこだわり-超自然農法-メディカルハーブへのこだわり-超自然農法-

①目的のハーブを探して見つける

7,000ヘクタール以上(山手線の内側が約6,000ヘクタール)の農地があります。その中を作業員は毎日目的のハーブを探し続けています。
なぜ、そんな作業が必要なのか?
植物は動くことができません。つまり、その場所が一番その植物にとって「最適」の場所である。という考え方なのです。
品質の良いメディカルハーブを作る為に日々、私達はハーブを探し続けています。

②その場で株分けする

超自然農法では、「農薬」「肥料」が必要ありません。なぜなら、自然のままだからです。
植物の好きな場所で、株分けをします。少しずつ、あまりたくさんにならないように。増やしすぎてしまうとそこは「畑」となり、『自然』ではありません。『自然』でなくなると、自然に戻そうとするため、虫や病気が発生するのです。ですから、超自然農法では、増やしすぎない、自然を崩さないという考え方で株分けをしていきます。
また、過酷な自然で育つことで、メディカルハーブはその中に「抗酸化物質」を増やします。その「抗酸化物質」が私達に利益を与えてくれます。決して、大きく(ぶよぶよ)に育てることが目的ではありません。もちろん、「肥料」は自然を壊す要因でもありますので、決して使うことはありません。

③増やして少しずつ収穫

自然を壊さないことが基本の「超自然農法」では、育ってきたメディカルハーブを乱獲することもありません。「乱獲」することはすなわち、自然を壊すことにつながるからです。
適切に育ったハーブのみを適切な時期に収穫することで、メディカルハーブの効果を最大限に生かすことができるのです。
ちなみに、プエラリア(白ガウクルア)等、特定のメディカルハーブは収穫時期によって有効成分が著しく少なくなることがあります。そういったこともタイ伝統医学をはじめ、豊富な経験から適切に対処して、最高のパフォーマンスが得られる時期に収穫、加工しています。

メディカルハーブへのこだわり-超自然農法-メディカルハーブへのこだわり-超自然農法-
サプリメント・健康食品として、良質なメディカルハーブでつくられたマイハーブプログラムサプリメント・健康食品として、良質なメディカルハーブでつくられたマイハーブプログラム

メディカルハーブにはどんな効き目があるの?・・・ご注意!

健康食品やサプリメントは非常に薬事のコトが気になります。
ですので、これに関しては、はっきりとしたことは法律的に言うことができません。
あくまでこの後のお話に関しては、「~と言われている」という程度としてご理解ください。
また、それぞれの記述に関しては、個人の判断でお願いいたします。
様々な個人の感想を含めた記述をまとめたに過ぎませんので、製作者ならびに筆者は、それらの記述の裏づけをしたわけではありませんので、それをご理解した上で、ご覧ください。

また、メディカルハーブやサプリメントに関しては、ケミカル品を含めて非常に粗悪なものもありますので、あまり安すぎるものや明らかにケミカルなものに関しては細心の注意が必要とも言われています。くれぐれもそういった粗悪なメディカルハーブやサプリメントにはご注意ください!

高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>高品質プエラリア(白ガウクルア)配合、マイハーブプログラムのミラクルピンク<更年期・バストアップ・生理周期安定・美白>ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)ワーンチャックモッルーク配合、マイハーブプログラムのミラクルホワイト(美白・PMS<月経前症候群>・生理不順・膣の引き締め・子宮の引き締め・お腹の引き締め)


メディカルハーブ00...

メディカルハーブ00...

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|33|


PR:はじめに野菜が続けられる!
メディカルハーブのマイハーブプログラム


PMS<生理前症候群>・生理不順・女性特有の悩みに、ミラクルホワイト(メディカルハーブ)


プエラリア(白ガウクルア)

足立区のおすすめリンク
足立区 車検 テイホク自動車
足立区 ホームページ制作 株式会社BlueStar-ブルースター-
塗装工事 防水工事 雨漏り 節電塗装 防水 屋根塗り替え 外壁塗り替え 塗装・看板・吹付けのことなら、東京都足立区の株式会社トモエ塗装
PCB解体、PCB仕分け、PCB コスト削減の事なら株式会社福井 PCB事業部
日・タイ企業進出支援協会(日・タイビジネスサポートアソシエーション)(JTBSA)
タイオーガニックメディカルハーブ協会(TOMeHA)

メディカルハーブ辞典<ハーブペディア> メディカルハーブ辞典<ハーブペディア>
メディカルハーブについての最新記事から、研究結果まで幅広く網羅しているWEBサイト。
一般的な対ハーブから、貴重なメディカルハーブ情報満載。
メディカルハーブについて語るなら、まずコチラから!


タイのメディカルハーブについてや最新のハーブ研究については・・・
メディカルハーブとは(ハーブペディア)

世界基準の高品質で安心・安全のメディカルハーブをお届けします! 近年、日本においても世界基準規格認定が見直されています。 タイ国、ミラクルハーブスピリッツ社はいち早く、世界基準のG.M.P.、G.A.P.、HACCPの基準に則り製品を作っています。 マイハーブプログラムショップ

日本名で有名なメディカルハーブリンク
マハーメーク(ガジュツ・紫ウコン原種)
カミンチャン(秋ウコン)
プエラリア(白ガウクルア)
マラキーノック(ゴーヤ原種)
カチャイダム(黒ウコン)
マルム(モリンガ)
ヤーヌワットメーオ(クミスクチン、猫髭草)
トーンパンチャン(白鶴霊芝)
タクライ(レモングラス)
サラネー(タイミント)
クチーラーオ(ディル)
カチアップデーン(ローゼル原種)
ファータライチョン(センシンレン)
ボアボック(ツボクサ)
キーレック(タガヤサン)
メディカルハーブブログ
PMS(月経前症候群)にはプレフェミンのチェストベリーよりも、ミラクルホワイトのワーンチャックモッルークの方が効きます!